×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

A

B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W XYZ サントラ オムニバス TOP

K

KAISER CHIEFS EMPLOYMENT 2005年。日本盤。
  OFF WITH THEIR HEADS 2008年。輸入盤。3rd。

KAJAGOOGOO WHITE FEATHERS 1982年。日本盤。邦題「君はTOO SHY」。

KAMELOT THE FOURTH LEGACY 1999年。日本盤。4th。

KANSAS KANSAS 1974年。日本盤。1st。邦題「カンサス・ファースト・アルバム」。
  SONG FOR AMERICA 1975年。日本盤。2nd。
  MASQUE 1975年。日本盤。3rd。
  LEFTOVERTURE 1976年。日本盤。4th。邦題「永遠の序曲」。1曲目の「伝承」が最高。
  POINT OF KNOW RETURN 1977年。日本盤。5th。邦題「暗黒への曳航」。ヒット曲「すべては風の中に」収録。
  MONOLITH 1979年。日本盤。6th。邦題「モノリスの謎」。
  FREAK OF NATURE 1995年。日本盤。12th。
  ALWAYS NEVER THE SAME 1998年。日本盤。13th。これまでの名曲をロンドン・シンフォニー・オーケストラと再レコーディング。
  SOMEWHERE TO ELSEWHERE 2000年。日本盤。14th。約20年ぶりにオリジナル・ラインナップが結集。
  THE BEST OF KANSAS 1984年。日本盤。ベスト盤。
  STARBOX 1993年。日本盤。ベスト盤。日本独自企画。

KARA'S FLOWERS THE FOURTH WORLD 1997年。輸入盤。1st。マルーン5の前身バンド。

KARLA BONOFF RESTLESS NIGHTS

1979年。日本盤。邦題「ささやく夜」。


KASABIAN KASABIAN 2004年。日本盤。1st。
  EMPIRE 2006年。日本盤。2nd。
 

WEST RYDER PAUPER LUNATIC ASYLUM

2009年。輸入盤。3rd。

 

VELOCIRAPTOR!

2011年。輸入盤。


KATE BUSH THE KICK INSIDE 1978年。日本盤。1st。「さんまの恋のから騒ぎ」でもお馴染みの名曲「嵐ヶ丘」収録。
  NLIONHEART 1978年。日本盤。2nd。
  NEVER FOR EVER 1980年。日本盤。3rd。邦題「魔物語」。
  THE DREAMING 1982年。日本盤。4th。
  HOUNDS OF LOVE 1985年。日本盤。5th。邦題「愛のかたち」。
  THE RED SHOES 1993年。日本盤。7th。
  AERIAL 2005年。日本盤。8th。12年ぶりの新作。
 

50 WORDS FOR SNOW

2011年。日本盤。邦題「雪のための50の言葉」。


KATMANDU KATMANDU 1990年。輸入盤。

KC & THE SUNSHINE BAND BEST OF KC & THE SUNSHINE BAND 輸入盤。ベスト盤。

K.D. LANG INGENUE 日本盤。

KEANE

KEANE

1981年。日本盤。イギリスのバンドの方ではなく、TOTOの弟分的存在だったキーン兄弟を擁するアメリカの4人組バンド。


KEANE HOPES AND FEARS 2004年。輸入盤。1st。
  UNDER THE IRON SEA 2006年。輸入盤。2nd。
  PERFECT SYMMETRY 2008年。輸入盤。3rd。
  NIGHT TRAIN 2010年。日本盤。
 

STRANGELAND

2012年。日本盤。4th。


KEITH EMERSON BAND featuring MARC BONILLA KEITH EMERSON BAND featuring MARC BONILLA 2008年。日本盤。

KEITH RICHARDS TALK IS CHEAP 1988年。日本盤。1st。
  MAIN OFFENDER 1992年。日本盤。2nd。邦題「メイン・オフェンダー〜主犯」。

KELLY KEAGY TIME PASSES 2001年。日本盤。1st。ナイト・レンジャーのドラマー兼ボーカリストのソロ。ブラッド・ギルスやジャック・ブレイズ、ジェフ・ワトソンらナイト・レンジャーのメンバーもゲストに参加。

KENNY DREW JR. THE RAINBOW CONNECTION 1998年。日本盤。ジャズ・ピアニスト。Kenny Drew の息子。
  AUTUMN 2001年。日本盤。

KENNY G G FORCE 1983年。輸入盤。2nd。
 

MONTAGE

1991年。日本盤。ベスト盤。邦題「モンタージュ〜ケニー・G・グレイテスト・ヒッツ」。

  GREATEST HITS 1998年。日本盤。ベスト盤。

KENNY LOGGINS THE GREATEST HITS OF KENNY LOGGINS 1997年。日本盤。ベスト盤。

KENNY ROGERS THE VERY BEST OF KENNY ROGERS 1990年。日本盤。ベスト盤。

KENT ISOLA 1998年。輸入盤。

KEVIN AYERS SHOOTING AT THE MOON 1971年。日本盤。マイク・オールドフィールドらと結成したバンド”THE WHOLE WORLD”名義のアルバム。
  WHATEVERSHEBRINGSWESING 1972年。日本盤。3rd。カンタベリー派のプログレ・バンド”ソフト・マシーン”のメンバーのソロ。

KEVIN PAGE KEVIN PAGE 1989年。日本盤。1st。

KEVYN LETTAU ANOTHER SEASON 1994年。日本盤。

KEZIAH JONES AFRICAN SPACE CRAFT 1995年。日本盤。
  LIQUID SUNSHINE 1999年。輸入盤。
  NIGERIAN WOOD 2009年。日本盤。

KID CREOLE & THE COCONUTS TROPICAL GANGSTERS 1982年。日本盤。

KID ROCK THE HISTORY OF ROCK 2000年。日本盤。

KILLERS HOT FUSS 2004年。輸入盤。1st。
  SAM'S TOWN 2006年。日本盤。2nd。
  DAY & AGE 2008年。輸入盤。3rd。

KILLS (THE) KEEP ON YOUR MEAN SIDE 2003年。日本盤。1st。
  NO WOW 2005年。日本盤。2nd。

KIM CARNS MISTAKEN IDENTITY 日本盤。「ベティ・デイビスの瞳」が全米ヒットした彼女の代表作。彼女のハスキーヴォイスが曲を一層切なくさせている。懐かしい。

KIM WILDE THE SINGLES COLLECTION 1981-1993 1993年。日本盤。ベスト盤。

KING CRIMSON IN THE COURT OF THE CRIMSON KING 1969年。日本盤。1st。邦題「クリムゾン・キングの宮殿」。
  IN THE WAKE OF POSEIDON 1970年。日本盤。2nd。邦題「ポセイドンのめざめ」。
  LIZARD 1970年。日本盤。3rd。イエスのジョン・アンダーソンが1曲のみ参加。
  LARKS' TOUNGUES IN ASPIC 1973年。輸入盤。邦題「太陽と戦慄」。
  STARLESS AND BIBLE BLACK 1974年。輸入盤。邦題「暗黒の世界」。
  RED 1974年。日本盤。
  USA 1975年。日本盤。ライブ盤。
  DISCIPLINE 1981年。日本盤。
  BEAT 1982年。日本盤。
  VROOM (EP) 1994年。日本盤。
  THE CONSTRUKCTION OF LIGHT 2000年。日本盤。
  THE POWER TO BELIEVE 2003年。日本盤。
  LEVEL FIVE (EP) 2002年。日本盤。
  SHOGANAI (EP) 2002年。日本盤。ナゼに日本語!?

KINGSIZE LOVE, LUST AND OTHER DISASTERS 2008年。日本盤。1st。ロンドン出身の4人組ロック・バンド。

KINGS OF LEON YOUTH & YOUNG MANHOOD 2003年。日本盤。1st。
  AHA SHAKE HEARTBREAK 2004年。日本盤。2nd。名盤!
  BECAUSE OF THE TIMES 2007年。日本盤。3rd。
  ONLY BY THE NIGHT 2008年。日本盤。4th。
  COME AROUND SUNDOWN 2010年。輸入盤。5th。

KING'S X BEST OF KING'S X 1997年。輸入盤。ベスト盤。

KINKS (THE) KINKS (THE) 1964年。日本盤。1st。
  KINDA KINKS 1965年。日本盤。2nd。
  THE VILLAGE GREEN PRESERVATION SOCIETY 1968年。日本盤。
  MUSWELL HILLBILLIES 1971年。輸入盤。
 

PHOBIA

1993年。日本盤。


KIP WINGER FROM THE MOON TO THE SUN 2008年。日本盤。3rd。WINGERのフロントマンの8年振りのソロ・アルバム。

KISS KISS 1974年。日本盤。1st。邦題「地獄からの使者」。P:ケニー・カーナー、リッチー・ワイズ。2週間半という短い期間で制作されながらも、「ストラッター」「コールド・ジン」「ジュース」「ブラック・ダイアモンド」といった名曲が多数詰め込まれている。
  HOTTER THAN HELL 1974年。日本盤。2nd。邦題「地獄のさけび」。P:ケニー・カーナー、リッチー・ワイズ。「パラサイト」や「ウォッチン・ユー」などの隠れた名曲多し。邦題はキッス自身が命名。
  DRESSED TO KILL 1975年。日本盤。3rd。邦題「地獄への接吻」。P:ニール・ボガート。代表曲「ロックン・ロール・オール・ナイト」収録。日本でのデビュー作。
  ALIVE! (2枚組) 1975年。日本盤。ライブ盤。邦題「アライヴ〜地獄の狂獣」。P:エディ・クレイマー。デトロイトのコボ・ホールでのアリーナ・ショウの模様を収録。全米9位を記録し、バンド初のプラチナ作品となった。
  DESTROYER 1976年。日本盤。4th。邦題「地獄の軍団」。P:ボブ・エズリン。「デトロイト・ロック・シティ」「狂気の叫び」「ベス」などを収めた代表作。
  ROCK AND ROLL OVER 1976年。日本盤。5th。邦題「地獄のロック・ファイアー」。P:エディ・クレイマー。「悪魔のドクター・ラヴ」「ハード・ラック・ウーマン」などを収録。
  LOVE GUN 1977年。日本盤。6th。P:エディ・クレイマー。全米4位に輝いた70年代最大のヒット作。「ショック・ミー」では、エースが初めてリード・ボーカルを担当している。
  ALIVE II (2枚組) 1977年。日本盤。ライブ盤。ロサンゼルスでのパフォーマンスを収めた2枚組。新曲も6曲収録されている。
 

GENE SIMMONS

1978年。日本盤。

  DYNASTY 1979年。日本盤。7th。邦題「地獄からの脱出」。P:ヴィニ・ポンシア。ディスコ調のシングル「ラヴィン・ユー・ベイビー」が世界的に大ヒット。このアルバムを最後にドラマーのピーター・クリスが脱退。
  UNMASKED 1980年。日本盤。8th。邦題「仮面の正体/アンマスクド」。P:ヴィニ・ポンシア。「シャンディ」がいい。このアルバムのツアーからエリック・カーがドラマーとして正式加入。
  THE ELDER 1981年。日本盤。9th。邦題「魔界大決戦」。
  KILLERS 1982年。日本盤。ベスト盤。欧州と日本のみでリリースした地域限定ベスト。新曲が4曲、さらに『エルダー』の日本盤に未収録だったインストナンバーが収められている。
  CREATURES OF THE NIGHT 1982年。日本盤。10th。邦題「暗黒の神話」。P:マイケル・ジェームズ・ジャクソン。ブライアン・アダムスが作曲に参加。クレジットとジャケットにエース・フレーリーがいるが、実際ギターを弾いているのは次期メンバーのヴィニー・ヴィンセント。
  LICK IT UP 1983年。日本盤。11th。邦題「地獄の回想」。P:マイケル・ジェームズ・ジャクソン。ヴィニー・ヴィンセントが正式加入し、そのうえノー・メイクになった。
 

ANIMALIZE

1984年。日本盤。12th。

  ASYLUM 1985年。日本盤。13th。P:ジーン・シモンズ、ポール・スタンレー。このアルバムよりギタリストにブルース・キューリックが加入。
  CRAZY NIGHTS 1987年。日本盤。14th。P:ロン・ネヴィソン。
  HOT IN THE SHADE 1989年。日本盤。15th。P:ジーン・シモンズ、ポール・スタンレー。
  REVENGE 1992年。日本盤。16th。P:ボブ・エズリン。
  KISS SYMPHONY : ALIVE IV 2003年。日本盤。ライヴ盤。
  SONIC BOOM 2009年。日本盤。
  SMASHES, THRASHES & HITS 1988年。日本盤。ベスト盤。
  GREATEST 1996年。日本盤。ベスト盤。

KITTY, DAISY & LEWIS KITTY, DAISY & LEWIS 2008年。日本盤。1st。

KLAXONS

MYTHS OF THE NEAR FUTURE

2007年。日本盤。邦題「近未来の神話」。


KLF (THE) THE WHITE ROOM 1991年。日本盤。

KMFDM ANGST 1994年。日本盤。6th。

KNACK (THE) GET THE KNACK 日本盤。1st。全米1位に輝いた「マイ・シャローナ」が有名で一発屋だと思われがちだが、ここから「グッド・ガールズ・ドント」も11位とヒットしている。ビートルズの再来と称されたのがよく分かる心地よいロック・アルバム。
  RETROSPECTIVE -THE BEST OF THE KNACK- 1992年。日本盤。ベスト盤。

KORN FOLLOW THE READER 日本盤。最初、何にも入ってないのかと思った。13曲目から曲がスタートします。その発想が面白い。
  UNTOUCHABLES 2002年。輸入盤。
  SEE YOU ON THE OTHER SIDE 2005年。日本盤。
  UNTITLED 2007年。輸入盤。

KRAFTWERK AUTOBAHN 1974年。輸入盤。
  RADIO-ACTIVITY 1975年。日本盤。邦題「放射能」。
  TRANS-EUROPE EXPRESS 1977年。日本盤。邦題「ヨーロッパ特急」。
  THE MAN-MACHINE 1978年。日本盤。邦題「人間解体」。
  THE MIX 1991年。輸入盤。ベスト盤。
  TOUR DE FRANCE (EP) 1999年。輸入盤。

KT TUNSTALL EYE TO THE TELESCOPE 2006年。日本盤。1st。スコットランド出身の女性シンガーソング・ライター。

KULA SHAKER K 1996年。輸入盤。1st。P:ジョン・レッキー。
  PISANTS PIGS & ASTRONAUTS 1999年。日本盤。2nd。P:ボブ・エズリン。前作はインドっぽい雰囲気で、ノリノリな曲とかがあったんですが、今回は妙にサイケになった。これはこれで凄く好きだった。解散したのが残念。
  KOLLECTED - THE BEST OF KULA SHAKER 2003年。日本盤。ベスト盤。
  STRANGEFOLK 2007年。日本盤。3rd。
  PILGRIMS PROGRESS 2010年。日本盤。4th。

KYLIE MINOGUE KYLIE 1988年。日本盤。1st。

A

B C D E F G H I J K L M N O P Q R S T U V W XYZ サントラ オムニバス TOP